後期臨床研修プログラム

内科後期研修外科後期研修泌尿器科後期研修整形外科後期研修処遇と採用

外科後期研修プログラム

  1. 対象
  2. 修練期間
  3. 修練内容
  4. プログラム終了後の進路
  5. 関係学会施設認定
  6. 指導体制(指導医)

対象

初期研修を修了し、将来、外科専門医取得を希望する医師

修練期間

3年間を修練期間とし、前期2年間で当院にて研修、診療経験を積み、最後の1年間は外科専門医の受験資格を得るために必要な症例のうち当院では不足する手術症例(心臓・大血管、呼吸器、小児外科等)を経験できるよう大阪大学外科専門医育成プログラムの関連修練施設にて研修を行う。

修練内容

一般目標(総論)

  1. 外科専門医として適切な外科の臨床的判断能力と問題解決能力を修得する。
  2. 手術を適切に実施できる能力を修得する。
  3. 医の倫理に配慮し、外科診療を行う上での適切な態度と習慣を身につける。
  4. 外科学の進歩に合わせた生涯学習を行うための方略の基本を修得する。

到達目標

  1. 診療経験
    ・最低手術経験数:350例(術者として:120例)
    ・消化管および腹部内臓:50
    ・乳腺:10
    ・呼吸器:10
    ・心臓・大血管:10
    ・末梢血管:10
    ・頭頚部・体表・内分泌外科:10
    ・各臓器の外傷:10
    ・鏡視下手術:10
    ・小児外科:10
  2. 業績
    修練施設での指導医のもと、筆頭者として学術集会または学術刊行物に研究発表あるいは論文発表を行う。

なお、カリキュラムは日本外科学会の外科専門医修練プログラムに準じて行い、卒後5年にて専門医試験の受験資格を得ることになる。詳細は日本外科学会のHP参照のこと。

プログラム終了後の進路

  • 当院外科常勤医師となる。
  • 大阪大学外科学講座の何れかの教室に所属する。大学院進学など (消化器外科、心臓外科、呼吸器外科、小児生育外科、腫瘍外科)
  • 大阪大学関連病院外科への就職
  • その他

外科系のサブスペシャリティー領域の専門医の取得は今後重要となってくるので卒後4年目までには希望領域を決めておくことが望ましい。経験症例の配分、研修内容もそれを考慮する。

関係学会施設認定

  • 日本外科学会認定医制度修練施設
  • 日本消化器外科学会専門医修練施設
  • 日本乳癌学会認定研修施設
  • 日本消化器内視鏡学会認定指導施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設
  • 日本超音波医学会認定超音波専門医研修施設

指導体制(指導医)

副院長
荻野 信夫(外科後期臨床研修研修プログラム責任者)
(大阪大学 昭和53年卒)乳腺外科、内視鏡外科、消化器外科
  • 日本外科学会専門医・指導医
  • 日本乳癌学会乳腺専門医・評議員
  • 日本消化器外科学会専門医・指導医
  • 日本内視鏡外科学会評議員
  • 日本がん治療認定医機構暫定教育医
  • 日本内視鏡外科学会技術認定取得(一般外科:ヘルニア)
  • 近畿外科学会評議員
外科部長
林部 章
(徳島大学 昭和61年卒)肝胆膵外科
  • 日本外科学会 認定医・専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会 認定医・専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会 認定医・専門医・指導医
  • 日本超音波医学会認定専門医 指導医
  • 日本肝胆膵外科学会認定高度技能指導医
  • 日本胆道学会認定指導医(癌外科治療、胆石・良性疾患外科治療)
  • 日本がん治療認定医機構暫定教育医・がん治療認定医
  • 日本臨床腫瘍学会暫定指導医
  • 日本消化管学会胃腸科認定医
  • 日本乳癌学会認定医
  • 日本肝胆膵外科学会評議員
  • 日本胆道学会評議員
  • 日本外科系連合学会評議員
  • 日本臨床外科学会評議員
  • 近畿外科学会評議員
  • インフェクション・コントロール・ドクター
  • 日本静脈軽腸栄養学会TNT講習受講済
  • 臨床研修指導者講習会受講済
  • 国際消化器外科学会(ISDS)会員
外科副部長
生島 裕文
(大阪大学 平成5年卒)消化器外科(上部消化管)
  • 日本外科学会専門医
外科副部長
文元 雄一
(宮崎大学 平成 8年卒)消化器外科(下部消化管)
  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器外科学会専門医
  • 日本がん治療認定機構暫定教育医・がん治療認定医

診療統計(外科関係)

疾患名症例数
2006年2007年2008年2009年2010年
乳腺(乳癌など)4743423852
胃十二指腸疾患(胃癌など)4830283229
大腸(大腸癌など)6766657464
肝胆膵悪性66162429
胆石症4444515754
虫垂炎342693420
ヘルニア79757198102
全身麻酔下手術332318327395409
内視鏡下手術151135116192193
胃がん4029192824
大腸がん5241445247
肝がん44789
乳がん3944413247
甲状腺がん32221
食道がん0102<3/td>
膵がん315411
胆道がん11597

特色

  1. 大阪大学医学部外科と人事の交流を保ち、優秀なスタッフで診療に携わっています。
  2. 日本外科学会認定医修練施設、日本消化器外科学会修練施設、日本乳癌学会認定施設となっており専門性を高めている。
  3. 手術症例数は年々増加し、2010年の外科全手術症例数は460例で全身麻酔下手術 409例となっております。また、内視鏡下手術は、193例である。
  4. 低侵襲手術を目標に鏡視下手術の最先端技術を1991年から導入し、胆石症、大腸がん、早期胃がん、虫垂炎、鼡径ヘルニア、自然気胸、肺腫瘍等に施行しております、高い評価を得ている。
  5. 乳腺専門外来:乳腺専門医により診察。MMG、USに加えMRIにて正確な診断を期し、8割以上の症例に乳房温存療法を施行している。さらに早期乳がん例では腋窩郭清省略も行い、患者さんのQOLの向上を図っている。
  6. 消化器がんの治療成績向上のため、進行例には拡大根治手術、動注化学療法、放射線療法、などの集学的治療を行なっている。また、病期に応じた縮小手術、機能温存手術を採用し、早期例には鏡視下手術が主流となっている。

主な診療内容

  • 一般外科
  • 消化器外科(消化管、肝胆膵外科)
  • 内視鏡外科(胆石、大腸、胃、鼡径ヘルニア、虫垂炎)
  • 乳腺外科・甲状腺外科
  • 小児外科(鼡径ヘルニア等)
  • 呼吸器外科(自然気胸、肺がん)
  • 肛門科(痔核、痔ろう)
  • 末梢血管外科(下肢静脈瘤)
  • ヘルニアセンター(20年9月開設)
    初診:ヘルニア外来(火曜午前、木曜午前)を受診していただきます。
    その日のうちにCT検査や術前検査、入院説明を済ませます。(火・木以外の外科外来も受付可能です)
▲ ページTOPへ ▲