後期臨床研修プログラム

内科後期研修外科後期研修泌尿器科後期研修整形外科後期研修処遇と採用

泌尿器科後期研修プログラム

目的

卒後2年間の初期臨床研修終了後に、泌尿器科臨床医として必要な知識・技術を修得し、高度な医療を提供できる専門医の養成を目的とする。

特徴

  1. 当院は、日本泌尿器科学会が認定する専門医教育施設(基幹教育施設)であり、原則として研修期間は4年間とする。
  2. 研修3年間を終了すると、泌尿器科専門医資格試験の受験資格が得られ、研修4年目に実施される資格試験に合格し4年間の研修を終了すると泌尿器科専門医の認定が得られるようにプログラムしている。
  3. 泌尿器科に所属し、原則として指導医がマンツーマンで責任をもって指導にあたる。

プログラム指導責任者

泌尿器科部長 今西正昭 日本泌尿器科学会専門医・指導医

指導医

泌尿器科部長 今西正昭
泌尿器科医長 畑中祐二

プログラム概要

A.研修目標
(1)第1年次目標は、泌尿器科的基礎知識と技能を習得する。
  1. 腹部から骨盤部にいたる局所解剖の理解
  2. 腎臓の生理についての理解
  3. 各種泌尿器科疾患における病態生理の理解
  4. 泌尿器科腫瘍の病理学的特徴の理解
  5. 頻度の高い泌尿器科専門検査の習得
  6. 尿路画像診断法の理解
  7. 外来患者の適切な問診
  8. 患者、家族と良好な人間関係を保つ基本姿勢、態度の習得
  9. 指導医のもとに入院患者の診察および治療方針の立案
  10. 術前、術後管理の基礎を習得
  11. 手術手技の理解および小手術の執刀
  12. 尿路内視鏡の基本的技術の習得
(2)第2年次目標は、泌尿器科臨床医としての基本的能力を持ち、外来診療、入院診療を独力で行なえる能力を習得する
  1. 泌尿生殖器系の発生学的理解
  2. 生殖の生理についての理解
  3. 外来診療における頻度の高い泌尿器科疾患の診断と治療を適切に行う能力の習得
  4. 各種疾患に応じた泌尿器科診察法、検査を実施し、判定する能力の習得
  5. 尿路画像診断法の適切な活用と読影能力の習得
  6. 各種症状、徴候に対する適切な鑑別診断
  7. 泌尿器科診療に必要な処置を実施する技術の習得
  8. 感染症に対する知識を有し、適切な治療および予防を実施する能力を習得
  9. 泌尿器科悪性腫瘍に対する手術、化学療法、放射線療法の適応についての理解
  10. 麻酔の原理を理解し実施する技術の習得
  11. 手術に関する一般的知識、技能の習得
  12. 泌尿器科手術第1群(下記)を執刀医として実施できる技術の習得
(3)第3年次目標は、泌尿器科臨床医としての専門的知識と技術を有し、外来・入院患者の診療と治療に応用できる能力を習得する。
  1. 各種泌尿器科疾患を理解し、鑑別診断ができる能力を習得
  2. 患者・家族に診療に対する十分なインフォームド・コンセントの実施
  3. 外来での救急処置が適切にでき、診療に伴う偶発症に対処できる能力の習得
  4. 尿路変向術を理解し、尿路変向術後の長期にわたる管理ができる能力の習得
  5. 腎不全に対する病態生理を理解し、透析患者などに適切な助言ができる能力の習得
  6. 疾患および患者の状態に応じて、手術の適応と術式を判断できる能力の習得
  7. 手術に関連した事項について、他科あるいは他医と協調した作業の実施
  8. 泌尿器科手術第2群(下記)を指導医の下で執刀医として実施できる技術の習得
  9. 泌尿器科手術第3群(下記)の手術助手ができる技術の習得
(4)第4年次目標は、泌尿器科専門医としての高度な知識と技術を有し、臨床応用するとともに後輩の教育、指導を行える能力を習得する。
  1. Evidence Based Medicine の実践ができる能力を習得
  2. 泌尿器科悪性腫瘍に対する集学的治療の実践できる能力を習得
  3. 救急医療を要する疾患を独立して、あるいは必要な他科の医師と協力してできる能力を習得
  4. 術中起こりうる変化に対応できる技術の習得
  5. 泌尿器科手術第3群(下記)を指導医の下で執刀医として実施できる技術の習得
  6. 後輩に対して泌尿器科臨床医としての基本的な知識、技術、態度の指導を行える
B.経験すべき泌尿器科手術
(1)第1群
  • 単純腎摘除術
  • 経皮的腎瘻造設術
  • 経尿道的膀胱腫瘍切除術
  • 経尿道的膀胱生検術
  • 経尿道的膀胱砕石術
  • 経尿道的膀胱異物除去術
  • 経皮的膀胱瘻造設術
  • 経尿道的前立腺切除術
  • 前立腺被膜下摘除
  • 精巣上体摘除術
  • 精索静脈瘤根治術
  • 精巣固定術
  • 精巣摘除術
  • 高位精巣摘除術
  • 精巣水瘤根治術
  • 精索水腫根治療
  • 精管結紮術
  • 経尿道的内尿道切開術
  • 体外衝撃波砕石術
  • 包皮環状切除術
  • 包皮背面切開術
  • 尿道カルンクル切除術
(2)第2群
  • 根治的腎摘除術
  • 腎部分切除術
  • 腎盂形成術
  • 腎尿管全摘除術
  • 経皮的腎・尿管砕石術(PNL)
  • 副腎摘除術
  • 根治的膀胱全摘除術
  • 回腸導管造設術
  • 膀胱部分切除術
  • 尿管皮膚瘻造設術
  • 尿管膀胱新吻合術
  • 尿道的尿管砕石術(TUL)
  • 前立腺全摘除術
  • 女子尿失禁根治術(スリング手術)
  • 陰茎切断術
  • ブラッドアクセス造設術
(3)第3群
  • 膀胱拡大術
  • 膀胱膣瘻閉鎖術
  • 腸管利用代用膀胱造設術
  • Continent reservoir 造設術
  • 後腹膜腔リンパ節郭清術
  • 上皮小体(副甲状腺)摘出術
C.学会活
関連学会に参加し、新しい知識や情報を収集する。また、上級医の指導のもとに学会発表を行い、論文として報告する。

評価方法

指導医やその他スタッフにより随時評価を行い研修目標達成を援助する。また、毎年度末に目標達成度を自己評価するとともに、指導医による自己評価の点検と評価を行う。

▲ ページTOPへ ▲